ジャパンカップ - 東京競馬場 - 東京競馬エントリー&結果 - 日本はいかに競馬で賭け
 - 東京で開催された大レース - バート·競馬事故ビデオ
 - 京都競馬場 - 阪神競馬場 - English

ジャパンカップウィナーズ

東京競馬場 - 2400メートル、ターフ、

3歳&最大財布 - 円5.285億

ジャパンカップの前の勝者 
時間と勝利騎手と。 

1981 Mairzy Doates(アメリカ) 2:25.3 C. Asmussen
1982 ハーフアイス(アメリカ) 2:27.1 D.マクベス
1983 Stanerra(IRE) 2:27.6 ラウズB.
1984 葛城エース(JPN) 2:26.3 K·西浦
1985 シンボリ·ルドルフ(JPN) 2:28.8 岡部
1986 ジュピターアイランド(GB) 2:25.0 PJエダリー
1987 ルグロリュー(FR) 2:24.9 A.ルクー
1988 バトラー(アメリカ)を支払う 2:25.5 C.マッキャロン
1989 Horlicks(NZ) 2:22.2 LAオサリバン
1990 良いほぐす(AUS) 2:23.2 マサチューセッツ州クラーク
1991 ゴールデンキジ(アメリカ) 2:24.7 G·スティーブンス
1992 東海帝王(JPN) 2:24.6 岡部
1993 レガシーワールド(JPN) 2:24.4 H·河内
1994 マーベラスクラウン(JPN) 2:23.6 K. Minai
1995 ランドー(GER) 2:24.6 M.ロバーツ
1996 ジングシュピール(GB) 2:23.8 L.デットーリ
1997 ピウスツキ(GB) 2:25.8 M. Kinane
1998 エルコンドルパサー(JPN) 2:25.9 M·海老名
1999 スペシャルウィーク(JPN) 2:25.5 Yを取る
2000 TMOpera O(JPN) 2:26.1 R.和田
2001 ジャングルポケット(JPN) 2:23.8 O.Peslier
2002 Falbrav(ITY) 2:12.2 L.デットーリ
2003 タップダンスシティ(JPN) 2:28.7 佐藤
2004 Zennoロブロイ(JPN) 2:24.2 O.Peslier
2005 Alkaased(GB) 2:22.1 L.デットーリ
2006 ディープインパクト(JPN) 2:25.1 Yを取る
2007 アドマイヤムーン(JPN) 2:24.7 岩田
2008 スクリーンヒーロー(JPN) 2:25.5 M. Demuro
2009 ウォッカ(JPN) 2:22.4 C.ルメール
2010年 ローズキングダム(JPN)* plcd第一 2:25.2 Yを取る

 

コースの説明

ジャパンカップは、左利きのトラック上の縄張りに2400メートルの上に実行される。 レースはウイニングポストから約300m、ホームストレッチから始まります。 最初のターンに最初に実行した440メートルはバックストレッチに通じる、フラットです。 1100メートルを走行した後、780メートルから下って1.8メートルの緩斜面があります。 この点から、60メートルのために1.2メートルの急激な上昇があると、80メートルのフラット実行した後、わずか3ターン目の前に、2.2メートルは260メートルのためにダウンしているのもう一つのスロープがあります。 最後の525メートルホームストレッチへと導く、勝利後に残っている最後の300メートルとフラットな120メートルのための100メートルと2メートルの着実な上り坂のための30cmの緩やかな上昇が存在する。 このコースでは、なじみのない騎手に非常にトリッキーなことができます。 可能であれば実行後半ストレッチのためのあなたの馬を保存することをお勧めします。

コースの寸法:

円周- 2083メートル

幅- 31〜41メートル

の追い込み- 525メートル(ターンからフィニッシュへ)

2400メートル(芝)2:22.1のレコードを追跡する